GPS-Business Global Proficiency Skills program

株式会社ベネッセi-キャリア

テストの特徴と構成

「対策が打てない独自の問題」で「思考力」と「パーソナリティ」を測定

GPS-Businessは、後天的に学校教育などで鍛えられた「能力」「態度」を測定している検査です。
従来のような基礎能力やパーソナリティに加え、これからの社会で活躍するために必要な「思考力」も測定します。

GPS-Businessで測定する「能力」と「態度」

これまでの適性検査では可視化できなかった「思考力」の測定を中心とした問題構成

アセスメント

実施時間

評価項目

内 容

 
 

 
 

批判的思考力
(Critical thinking)

情報を抽出し吟味する

思考力(能力)

45分
30問

創造的思考力
(Creative thinking)

情報を関連づける・類推する

 
 

 
 

協働的思考力
(Collaborative thinking)

他者との共通点・違いを理解する

思考力の測定の新たな手段として、「音声・動画問題」をリリースしました。

短音声動画
短い会話のやり取りを聞いて、論理の飛躍や矛盾があるかどうかを判断する問題
日常の会話の中で「違和感を感じる」=「素早く思考力を働かせる」ことができるか?を問う
動画・音声動画
日常に存在する(起こり得る)様々な場面設定の中で、それを見聞きしながら、3つの思考力のうちのいずれかを発揮できるかどうかを問う問題(音声/実写映像/アニメ映像)
テキスト問題
問題内容は現行版と同様。動画・音声よりもやや複雑な問題(比較検討や、図表からの細かい読み取りを要する)に対して、思考力を発揮できるかを問う

基礎能力(能力)

25分
30問

言語処理能力

語句や文の関係理解・推論など

 

 

数理処理能力

文章題や、表・グラフの読み取りなど

偽りづらい「パーソナリティ測定」







パーソナリティ
(態度)







10分
23問








レジリエンス





リーダーシップ




コラボレーション

情緒の安定性
立ち直りの早さ
状況に応じ冷静に対応する力



自ら先頭に立って進める力
未知のものに挑戦する力
粘り強くやり抜く力



相手の立場に立とうとする姿勢
他者と関わろうとする積極性

より活用しやすい結果帳票

GPS-Businessはシンプルで見やすいデザインの結果帳票となっています。
また、面接のナビゲーションも用意。面接選考をサポートします。

能力を見極める!

総合・面接支援レポート

面接の補助資料や採用合否の判断材料としてご利用いただけます。

結果帳票
> 総合・面接レポートの特長

全項目を「高低」で表示

GPS-Businessは偏差値が表示され、スコアの高低が表示。

能力評価の
「ダイジェスト」

レーダーチャートでのバランスや、標準母集団と比較したプロット図で、直感的に受験者を把握。

面接で確認すべき
「ポイント」

問題解決行動のプロセス毎に、面接で確認するポイント・
質問例を掲載。学生のエピソードを確認する際に最適。

個人の成長を促す!

個人レポート

研修の効果測定やインターン参加学生へのプレゼントなど個人向けのスコアフィードバックにご利用いただけます。

結果帳票
> 個人レポートの特長

4段階で「自分の能力のレベルを把握」

「思考力」「パーソナリティ」偏差値を 4段階に分けたスコアの高低が表示されます。

自分の「強みと弱み」が分かる

強みと弱みを把握することで、 入社前準備や、入社後の業務の指針となります。

思考力を高め続ける
「意識づけ」ができる

「思考力」を理解し、問題解決行動の際に意識することで、 思考力を高めることができます。

よくある質問

Q採点結果は、テスト実施後どのくらいでダウンロードできますか?

A受験完了後、1時間以内にダウンロードしていただけます。

Q受験科目の選択はできますか?

A「思考力+基礎能力+パーソナリティ」または「思考力+パーソナリティ」または「思考力」のいずれかの選択が可能です。
但し、費用は変更ありません。

Q受験形式は何がありますか?紙での受験はできますか?

AWEBのみとなりますので、紙での受験はできません。

Q採用活動以外での使い方はできますか?

Aできます。育成の観点でもご利用頂けます。詳しくは「活用事例のご紹介」をご覧ください。

Q難易度の異なるテストはありますか?

A現状は今の難易度のテストのみのご用意となります。

Qテストセンターでの受験はできますか?

Aできません。当社での機器貸出対応や、受験会場の手配はございません。なりすまし防止策として、顔認証システムを導入しています。

推奨環境

GPS-Businessの実施にあたり、団体ご担当者様、受検者様にご準備頂く環境は以下の通りです。

項 目

内 容

OS

Windows7, Windows8.1, Windows10
MacOS10.12(Sierra), MacOS10.13(HighSierra)
※タブレット、スマートフォン、携帯電話では受検不可

ブラウザ(注1)

Google Chrome, Safari, Edge, Internet Explorer
※複数のブラウザを使用できる場合は、Internet Explorer 以外のブラウザを推奨

ネットワーク
回線速度

持続的に実効速度が下り2Mbps以上(推奨10Mbps)
 

その他

JavaScript が動作する設定であること
Cookieを使用できる設定であること
Web storageを使用できる設定であること

注1) 顔認証機能を採用される場合は、撮影用の環境設定が必要です。

■顔認証採用時の環境について
 以下のブラウザを用いて受験するよう、お願いします。
 1. Windows10の方は Edge または Chrome , Firefoxを使用してください。
 2. Windows 8/8.1の方は Chrome または Firefox をご利用ください。
 3. Chrome または FirefoxがPCにインストールされていない方は、インストールしてください。
 4. Internet Explorerを使用する場合はプラグインのインストールが必要です。
   Chrome等をインストールできず、Internet Explorerを使用する場合は、チュートリアルに従ってプラグインをインストールしてください。
 ※パソコン操作に不安のある方でも順を追って環境設定(インストール等)を行っていただけるチュートリアルを用意する予定です。
 ※顔認証を実施しない場合は、ブラウザの指定はありません。

■撮影用のカメラについて
 顔認証を行う場合、WEBカメラは必須です。
 ノートPCの内蔵カメラ、もしくは外部取付カメラを用意する必要があります。
 (外部取付カメラは安価なものでかまいません)

資料請求 お問い合わせ