シーン別

採用シーンでのお悩み

  • 検査結果が
    複雑で使いにくい
  • 定性的な振り返りをしたいが
    方法がわからない
  • 適性検査対策の一般化で
    本質的な能力を
    計測できているか不安

GPS-Businessが
選ばれる3つの理由

  • 01

    活躍する人材に共通する能力「思考力」を数値化できること

  • 02

    独自性の高い問題で、対策が打ちづらいテストであること

  • 03

    結果帳票が見やすく、様々なシーンで活用できること

法人担当者向けレポート

面談の補助資料としてもご活用いただけます。

法人担当者向けレポート
法人担当者向けレポートの特長
スコアを「高低」で表示 全項目において、受検者用よりも詳細なスコア表示を行っています。
能力評価の「ダイジェスト」 レーダーチャートやプロット図で、直感的に受検者の特性を把握可能です。

活用事例一覧

01

グループディスカッションから一転
適性検査で思考力を測定し、工数削減

case

グループディスカッションが行えなくなった

感染症対策をしつつ、必要最小限の選考回数で、最大限の採用効果を求められた企業様の事例です。
従来は学力検査を通過した方向けにグループディスカッションを行っていましたが、
すべての学生に対面で会うことも難しく、選考の進め方を迷っていらっしゃいました。

  • BEFORE 他社適性検査&グループディスカッションBEFORE 他社適性検査&グループディスカッション
  • AFTER GPS-Businessの活用AFTER GPS-Businessの活用

GPS-Businessを使うことで、適性検査の段階で思考力を軸に
面接通過者の基準を定め、スクリーニングすることができます。

02

思考力がある人材を顕在化し、
採用競合と差がつく採用戦略を

case

競合他社と優秀な人材の奪い合いをしていた

選考に他社様の適性検査を導入していた企業様の事例です。
よくある適性検査では、学力検査の結果と大学難易度が比例することが多く、
結果、競合他社と人材を奪い合うことが多かったそうです。

  • BEFORE 学力検査中心の適性検査BEFORE 学力検査中心の適性検査
  • AFTER GPS-Businessの活用AFTER GPS-Businessの活用

「学力にとらわれない、思考力がある人材」をピックアップすることで、
競合他社と「差がつく」採用戦略を実施しています。

03

GPS-Businessのスコアから
採用の定性的な振り返りを実施

case

様々な切り口からスコアの分析が可能

GPS-Businessを受検いただくと、管理画面からCSV形式でスコアシートをダウンロードできます。
思考力をはじめ、リーダーシップなど、さまざまな項目から受検者自身や採用結果、戦略を分析いただけます。

about

採用手法別のスコア比較 採用者の経年比較採用手法別のスコア比較 採用者の経年比較

採用手法や採用時期によって、GPS-Businessのスコアがどのように変化するかを可視化。
自社に適した採用手法や採用時期の検討にあたって、思考スキルという重要指標で判断できる参考資料としても機能します。

point

KPIを用いた定量的な振り返りとあわせて、GPS-Businessのスコアを通じた選考参加者や内定者の経年変化、選考時期ごとの比較分析による定性的な振り返りを行うことができます。

WEB適性検査
GPS-Businessとは

課題解決力を「能力」と「態度(パーソナリティ)」に分けて測定している適性検査です。
良い問題解決を行うためには、本質的な課題を見定めるための思考スキルと、
解決に取り組む態度(パーソナリティ)を発揮する必要があります。

  • 能力診断

    基礎能力に加え、問題解決に必要な思考力を測定

  • 態度診断

    問題解決に向かうパーソナリティを測定

「思考力」×「問題解決に向かうパーソナリティ(態度)」

問題を解決する力のベースは、「思考力」と「パーソナリティ(態度)」ですが、これらは互いに関係しあっています。
頭で思考し、それを実際に行動に起こす。その繰り返しが、問題解決を推進とする力となります。

問題解決力のレベルを上げる
3つの思考力

  • 批判的思考

    Critical thinking

    気づく力・見抜く力

  • 創造的思考

    Creative thinking

    情報を関連づける力

  • 協働的思考

    Collaborative thinking

    他者理解・かかわる力

パーソナリティ
(態度)

当事者意識を持ち、問題解決に向けて、主体的に行動する自律的姿勢

  • レジリエンス

    精神的なストレスに
    対応する力=姿勢・態度
    (ストレス耐性+回復力)

  • リーダーシップ

    当事者意識を持って
    推進する力=姿勢・態度
    (自主性・チャレンジ精神
    ・粘り強さ)

  • コラボレーション

    他者と協力しながら
    推進する力=姿勢・態度
    (他者理解・対人積極性)

※総合的な問題解決力を評価するわけではありません。

測定項目

これまでの適性検査では可視化できなかった「思考力」の測定を中心とした問題構成

思考力(能力)
実施時間 45分 35問
評価項目 批判的思考力
内容
  • 情報を抽出し吟味する
評価項目 創造的思考力
内容
  • 情報を関連付ける、類推する
評価項目 批判的思考力
内容
  • 他者との共通点、
    違いを理解する
出題方法 音声・動画 テキスト問題

問題例

基礎能力(能力)
実施時間 25分 30問
評価項目 言語処理能力 数理処理能力
内容
  • 語句や文の関係理解、
    推論など
  • 文章題や表・
    グラフの読み取りなど
出題方法 テキスト問題
パーソナリティ(姿勢・態度)
実施時間 10分 23問
評価項目 レジリエンス
内容
  • 情緒安定性
  • 立ち直りの早さ
  • 状況に応じ冷静に対応する力
評価項目 リーダーシップ
内容
  • 自ら先頭に立って進める力
  • 未知のものに挑戦する力
  • 粘り強くやり抜く力
評価項目 コラボレーション
内容
  • 相手の立場に
    立とうとする姿勢
  • 他者と関わろうとする積極性
出題方法 テキスト問題
アセスメント項目 実施時間 評価項目 内容 出題方法
思考力
(能力)
45分
35問
批判的思考力
  • 情報を抽出し吟味する
音声・動画
テキスト問題

問題例

創造的思考力
  • 情報を関連付ける、類推する
協働的思考力
  • 他者との共通点、違いを理解する
基礎能力
(能力)
25分
30問
言語処理能力
数理処理能力
  • 語句や文の関係理解、推論など
  • 文章題や表・グラフの読み取りなど
テキスト問題
パーソナリティ
(姿勢・態度)
10分
23問
レジリエンス
  • 情緒安定性
  • 立ち直りの早さ
  • 状況に応じ冷静に対応する力
テキスト問題
リーダーシップ
  • 自ら先頭に立って進める力
  • 未知のものに挑戦する力
  • 粘り強くやり抜く力
コラボレーション
  • 相手の立場に立とうとする姿勢
  • 他者と関わろうとする積極性

結果帳票

シンプルで見やすいデザイン
受検者向け帳票と法人担当者向け帳票の2種類ご用意しています。

法人担当者向けレポート

面談の補助資料としてもご活用いただけます。

法人担当者向けレポート
法人担当者向けレポートの特長
スコアを「高低」で表示 全項目において、受検者用よりも詳細なスコア表示を行っています。
能力評価の「ダイジェスト」 レーダーチャートやプロット図で、直感的に受検者の特性を把握可能です。

受検者向けレポート

個人のポータブルスキルの棚卸、キャリア形成に向けたリフレクションなどにもご活用いただけます。

受検者向けレポート
受検者向けレポートの特長
4段階で「自分の能力のレベル」「自分の行動傾向」を把握 「思考力」「パーソナリティ」のスコアを4段階に分けた結果が表示されます。
自分の「強みと弱み」が分かる 強みと弱みを把握することで、入社前準備や、入社後の業務の指針となります。