販売・サービス職採用の

適性検査のお悩み

  • 顧客の課題や
    ニーズの理解に必要な
    思考力を測定したい

  • 既存の適性検査では
    思考力を測定できない

  • 現場仕事がメインなので
    ポータブルスキルの伸長意識が
    持たせづらい

GPS-Businessが
選ばれる3つの理由

01

思考力を中心とした設問設計で、多角的な測定を実施

3つの思考力を中心とした設問設計で、受検者のスキルや特性を分析します。

批判的思考 創造的思考 協働的思考 批判的思考 創造的思考 協働的思考

02

音声・動画形式の問題で、業務に必要な思考力を測定

GPS-Businessでは、問題形式に音声・動画も含まれており、実践に近い形での測定が実施できるほか、情報収集など、お客さまとのコミュニケーション時に必要な能力も測定。ポテンシャル人材の発掘にも貢献します。

短音声 動画・副音声 短音声 動画・副音声

03

新たな評価軸の設定

設問設計が思考力中心のため、言語や非言語といった基礎学力のスコア以外の評価軸を元にした人材発掘が可能となります。

活用事例一覧

01

思考力がある人材を顕在化し、
採用競合と差がつく採用戦略を実施

学力検査中心の適性検査 GPS-Businessの活用 学力検査中心の適性検査 GPS-Businessの活用

point

「学力にとらわれない、思考力がある人材」をピックアップすることで、
競合他社と「差がつく」採用戦略を実施しています。

02

内定者フォローを通じて
優秀人材を獲得
配属の参考資料としても
活用いただけます

flow

入社前

内定者フォローの
流れ

適性検査としてGPS-Businessを導入。内定者フォロー面談などのコミュニケーションを通して、
スキル伸長の意識付けや、育成プランの提示による入社意向の向上にご活用いただくことが可能です。

GPS-Business受検 内定者フォロー面談 入社 GPS-Business受検 内定者フォロー面談 入社

入社後

配属までの流れ

思考力やパーソナリティの結果を元に、育成・配属プランをご検討いただけます。
あくまで一例ですが、思考力が高い人材を獲得した場合、総合的な人物見極めを経て、
以下のような対応が可能となっています。

  • 思考力がより求められる部門への配属・育成
  • 通常よりも早いキャッチアップを期待した研修スケジュールを実施
  • 人事や広報といった、本社勤務の部署へ配属

point

思考力・パーソナリティの結果を元に、個人の育成プラン・将来像をイメージいただくことができる他、
入社後の配属時に検討材料として活用可能です。

03

研修選択前に
思考スキルの自己認知を高め、
動機形成にも活用

GPS-Business受検 結果の振り返り 研修の選択 研修実施 GPS-Business受検 結果の振り返り 研修の選択 研修実施

point

GPS-Business受検後、レポートで結果を確認することで自身の強み・弱みを客観的な指標で把握。
テスト結果に応じた研修に参加することによって、「自己成長を促す」ことが可能です。
採用戦略や研修の定性的な振り返りにもご活用いただけます。