システムエンジニア職採用の

適性検査のお悩み

  • プログラミングの適性だけでなく
    上流工程に必要な
    思考力を測定したい

  • 業務適性を見極める
    配属参考材料が欲しい

  • 既存の適性検査の
    価格や
    返却スピードが不満

GPS-Businessが
選ばれる3つの理由

01

充実した能力評価割合

検査時間80分のうち、70分が能力評価で構成されています。
内訳:思考力45分+基礎能力(学力)25分+パーソナリティ10分

既存適性検査とGPS-Businessの比較図 既存適性検査とGPS-Businessの比較図

02

問題解決力の可視化

GPS-Businessの思考力検査では、音声や動画などで問題を出題します。顧客から受けた指示や課題を処理し、問題解決に導くことができるか、といった現場の状況により近い出題方法でスキルを測定。データを可視化することが可能です。

03

導入のしやすさ

1回3,500円(税抜)というリーズナブルな価格と、受検後1時間で結果返却というスピード感から、多くの企業様に導入・ご満足いただいています。

活用事例一覧

01

思考力がある人材を顕在化し、
採用競合と差がつく採用戦略を実施

  • BEFORE 学力検査中心の適性検査BEFORE 学力検査中心の適性検査
  • AFTER GPS-Businessの活用AFTER GPS-Businessの活用

point

「学力にとらわれない、思考力がある人材」をピックアップすることで、競合他社と「差がつく」採用戦略を実施しています。

02

内定者フォローや
採用戦略の見直しにも活用可能

フロー図 フロー図

point

  • 内定者研修

    自身の問題解決力を客観視し、育成の意識付けとして活用いただけます。

  • 採用戦略の見直し

    既存の適性検査で得られなかった
    「思考力」を軸にした採用の振り返りが可能です。

03

内定者フォローを通じて
優秀人材を獲得
配属の参考資料としても
活用いただけます

flow

入社前

内定者フォローの
流れ

適性検査としてGPS-Businessを導入。内定者フォロー面談などのコミュニケーションを通して、
スキル伸長の意識付けや、育成プランの提示による入社意向の向上にご活用いただくことが可能です。

GPS-Business受検 内定者フォロー面談 入社 GPS-Business受検 内定者フォロー面談 入社

入社後

配属までの流れ

思考力やパーソナリティの結果を元に、育成・配属プランをご検討いただけます。
あくまで一例ですが、思考力が高い人材を獲得した場合、総合的な人物見極めを経て、
以下のような対応が可能となっています。

  • エンジニアの上流工程など、思考力が求められる部署へ配属・育成
  • 通常よりも早いキャッチアップを期待した研修スケジュールを実施
  • 業務難易度の高い部門やプロジェクトへの配属

point

思考力・パーソナリティの結果を元に、プログラミング適性だけではなく、個人の育成プランをイメージいただくことができる他、入社後の配属時に検討材料として活用可能です。