GPS-Business Global Proficiency Skills program

株式会社ベネッセi-キャリア

活用事例のご紹介

採用~育成 まで、さまざまな目的で活用が広がっています

GPS-Businessは、さまざまな業界・従業員規模の企業に導入されています。新卒・中途採用本選考時の
面接補助資料やインターン採用時のスクリーニング、社内研修の刷新や人事評価の見直しなどに活用いただけます。

活用事例1

新卒採用本選考時のスクリーニング/面接補助資料
インターン生採用のスクリーニング

期待できる効果


面接官の評価基準の均一化

入社後活躍する人材の見極め

面接内容の質向上

採用基準の見直し

GPS-Businessは、これからの社会で活躍するために必要な能力と態度を測定するテストです。「思考力」という共通のものさしによって、どんな質問をすれば良いかわかり、より精度高く面接することが可能となります。その結果、内定者のフォローや面接官の判断基準の均一化、採用基準の見直しも期待出来ます。

こんな課題に
有効です

採用時に高評価の社員と、入社後に活躍する社員が一致していない

面接官の判断基準が統一されていない(共通のものさしがない)

人事として採用したいと考えている人材が、最終選考であっけなく落ちてしまう

学生別の検査結果によって、どんな質問をすれば良いかわかり、より精度高く面接することが可能となります

活用事例2

入社後2年目以上の社員を対象とした社内研修の検証

期待できる効果

社内研修の刷新

人事評価の見直し

競争力の激化・生産性の向上へ向けて、人材の確保・活躍可能性の選択肢を拡大することが急務となり、育成においても新たな基準を必要とされている企業様の声をよく耳にするようになりました。GPS-Businessの「思考力」に重点を当てた育成研修の企画や、採用~育成~昇格までの一連の流れの見直しにも有効です。

こんな課題に
有効です

市場変化や生産性の向上に向けて、社員の活躍の選択肢を拡大することが急務

昇格基準が長くアップデートされておらず、業界変化についていけていない

資料請求 お問い合わせ